地域貢献情報

平成25年度JAバンク山口における地域密着型 金融の取組状況について

JAは地域に根ざした相互扶助に基づく協同組合とし て、総合事業(営農・経済・信用・共済事業等)を行い、こうした活動全般を通じ、これまで地域社会の持続的発展に取り組んできております。


ここでは、このうち、信用事業(貯金・貸出等)を担う、JAバンク山口(県内12JA・山口県信連)における、主に金融面を通じた、平成24年度の地域密着型金融の取組状況について、ご報告いたします。

内容

  1. 農業融資の取組みについて
  2. 地域の新規就農者等に対する支援
  3. 地域農業の担い手に対する金融面の支援
  4. 農山漁村をはじめとする地域育成への貢献

1,農業融資の円滑な取組み

JAバンクでは、JAによる各種農業資金にて対応するとともに、農業近代化資金や日本政策金融公庫資金の取扱いを通じて、農業者の農業経営と生活をサポートしています。

平成26年3月末時点のJAバンク山口の農業関係資金残高(注1)は、103億円、日本政策金融公庫等の受託貸付金(注 2)残高は80億円を取扱っています。

(注1)農業関係の貸出金とは、農業者および農業関連団体等に対する貸出金であり、農業生産・農業経営に必要な資金や、農産物の生産・加工・流通に関係する事業に必要な資金等が該当します。

(注2)JAバンクが農業者の窓口となり、日本政策金融公庫などの貸付金の受託取扱いを行っています。 受託貸付金残高には、JA転貸分を含みます。

【JAバンク山口の営農類型別農業資金残高】 単位 百万円

営農類型平成26年3月末
 農業 7,075
   穀作 1,384
   野菜・園芸 354
   果樹・樹園野菜 341
   工芸作物 27
   養豚・肉牛・酪農 539
   養鶏・鶏卵 55
   その他農業 4,373
 農業関連団体等 3,285
合 計 10,360

(注) 1.農業関係の貸出金とは、農業者、農業法人および農業関連団体等に対する農業生産・農業経営に必要な資金や、農産物の生産・加工・流通に関係する事業に必要な資金等が該当します。2.「その他農業」には、複合経営で主たる業種が明確に位置づけられない者、農業サービス業、農業所得が従となる農業者等が含まれています。 3.「農業関連団体等」には、JAや全農(経済連) とその子会社等が含まれています。

 

【JAバンク山口の資金種類別農業資金残高】 単位 百万円

種 類平成26年3月末
プロパー農業資金 7,469
農業制度資金 2,890
 農業近代化資金 1,250
 その他制度資金 1,640
合 計 10,360

(注) 1.プロパー資金とは、JAバンク原資の資金 を融資しているもののうち、制度資金以外のものをいいます。 2.農業制度資金には、①地方公共団体が直接的または間接的に融資するもの、②地方公共団体が利子補給等を行うことでJAバンクが低利で融資するもの、③日本政策金融 公庫が直接融資するものがあり、ここでは①の転貸資金と②を対象としています。3.その他制度資金には、農業経営改善促進 資金(スーパーS資金)や農業経営負担軽減支援資金などが該当します

 

【JAバンク山口の農業資金の受託貸付金残高】 単位 百万円

種類平成26年3月末
日本政策金融公庫資金 8,027
合 計 8,027

(注) JAバンクでは、主にはJAを窓口として、日本政策金融公庫資金および沖縄政策金融公庫資金の受託貸付金を取り扱っています。

 

取組事例の紹介

豪雨災害等緊急対策資(JA山口中央)

アグリシートファンドを活用した資本提供の取組(JA南すおう)

ちびっこ倶楽(JA周南)

ちゃぐりん学級の開(JA山口宇部)

管内小学校への総合学習支(JA山口美祢)

 

2,地域の新規就農者等に対する支援

新規就農者の支援

JAバンクでは、新規就農者の経営と生活をサポートするため、就農支援資金などを取り扱っています。

 

【平成25年度JAバンク山口の新規就農者をサポートする資金の実績】単位 件、百万円

 実行件数実行金額平成26年3月末残高
就農支援資金 8 29 165
新規就農資金 11 19 197
合 計 19 48 362

加えて、全国の「JAバンクアグリサポート事業」に基づき、新規就農応援事業として、新規就 農希望者(研修生)の育成を行う農家等に対して費用助成を行っております。

 

【平成25年度JAバンク新規就農応援事業助成実績】 単位 件、円

申請JA数申請件数助成金額
1 3 360,000

3,地域農業の担い手に対する金融面の支援

地域農業振興のための資金メニュー

JAバンク山口では、利子助成はじめ、金利面でもメリットがあり、農業者の金融ニーズに円滑に対応する資金もご用意しております。

例えば、集落型営農組織等の設立当初(5年以内)の経営安定に貢献できるよう、実質無利息となる「担い手サポート資金」のほか、金融ニーズに合った各種の資金メニューをご用意しています。

また、JAバンク山口が農業金融機関として、さらなる機能強化、機能発揮、地位確立を図るとともに山口県の農業基盤を強化することを目的として設立後5年を経過した農業法人等の経営安定サポートとして「農業法人等サポート資金」をご用意しております。

担い手のニーズに応えるための体制整備

JAバンク山口では、地域の農業者との関係を強化・振興するための体制整備に取組んでいます。

 

県内12JAにおいては、本所(店)に「担い手金融リーダー」が設置され、各JA支所(店)の活動をサポートしています。

「農業メインバンク機能の強化」に取り組み、山口県信連においては、担い手金融リーダーのサポート機能、農業法人等への融資相談機能を担う「県域農業金融センター機能」を構築しました。

負債整理資金による経営支援

JAバンクでは、農業者の債務償還負担を軽減し、経営再建を支援するため負債整理資金も対応しています。

【平成25年度 JAバンク山口の負債整理資金貸出実績】 単位件、百万円

 実行件数実行金額平成26年3月末残高
農業経営負担軽減支援資金 0 0 11
その他 0 0 74
合 計 0 0 85
  • 農業負担軽減支援資金は、営農に必要な資金を借り受けたために生じた負債の借換えのための制度資金であり、JAなどの融資機関において取り扱っています。
  • その他は、都道府県独自の制度資金や、制度資金以外のプロパー資金(要綱資金、独自資金)による借換え資金などが該当します。

4,農山漁村を始めとする地域育成への貢献

JAバンク食農教育応援事業の展開

次世代を担う子どもたちに農業に対する関心・興味を持ってもらい、農業が地域社会・経済において果たす役割、自然環境・国土の保全など、農業が持つ多面的機能、重要性を理解してもらうことを目的として、「食農教育・環境教育・金融経済教育」をテーマとする小学生向けの教材本を作成し、県内JAを通じて小学校及び特別支援学校に配布しました。
また、教育活動助成事業として、各JAが独自に実施した「食農教育・環境教育・金融経済教育」に関わる諸活動(米・野菜づくり体験、地元食材を使った料理教室等)に対して全国のJAバンクアグリ・エコサポート基金から費用助成を行い、サポートしています。

 

写真:教材「農業とわたしたちのくらし」

 

 

JAバンク新規就農応援事業

 

新規就農希望者に対する独立就農に向けた農業技術・知識の習得など、実践的な研修を行う研修受入先の農家・団体に対し助成を行いました。

その他取組み

JAバンク山口「地産・地消応援定積キャンペーン」の実施
平成25年10月1日~12月30日までの間、JAグループ“みんなのよい食プロジェクト”「JAバンク山口地産・地消応援定積キャンペーン」を実施しました。
期間中ご契約いただきました方に、県内JAの特産品をプレゼントしています。(26年度も同期間で実施)

 

子育て応援定期積金「のびすく定期積金」の取扱い
安心して子どもを生み、喜びを感じながら子育てができるよう、子どもや子育て家庭を社会全体で応援していくため、県が取り組む「やまぐち子育て家庭応援優待事業」に県内JAが協賛事業所として加盟しており、18歳以下のお子様がいらっしゃる方を対象に、お子様の人数に応じて定期積金の店頭表示金利に金利を上乗せする子育て支援定期積金「のびすく定期積金」を取り扱っています。(26年度も継続実施)

 

 

地域の子ども達の健康的な成長を応援する広報活動の実施
毎週月曜日から金曜日の朝、地元テレビでの放映を通じ、小学生以下の地域の子ども達が各種スポーツに取り組む姿や幼稚園・保育園での活動の様子を紹介しています。

 

 

小学校・幼稚園にチューリップの球根を寄贈

植物を育て世話をすることを通じて、子どもたちに豊かな感性・創造力を育んでもらおうと、山口市内の小学校34校・幼稚園10園にチューリップの球根を200ずつ寄贈しました。

 

第3回 JAバンク山口子ども絵画コンクール」の開催

子どもたちに豊かな心を育んでもらうため、平成23年度より「家族との絆」をテーマとしたJAバンク山口「子ども絵画コンクール」を開催し、県知事賞をはじめ各賞の表彰を行っています。平成25年度の応募総数は3,561枚と、前年度より1,046枚増加するなど、コンクールの認知度が高まっています。
また、応募作品1枚につき100円を、山口県内の児童養護施設等への支援団体に対し寄付させていただきました。

 

第2回 JAバンク山口グラウンド・ゴルフ県大会の開催

平成25年11月7日に「第2回JAバンク山口グラウンド・ゴルフ県大会」を山口きらら博記念公園の多目的ドームで開催いたしました。本大会は、JAバンクを支える大切な利用者である、年金受給者の皆様の健康増進と相互親睦を目的として開催しているものです。県内8JAか精鋭168名の参加のもと、会場では真剣なプレーの中選手同士の会話や笑顔、好プレーへの歓声など随所に楽しい雰囲気が伺えるものとなりました。

【ご参考】 金融円滑化の対応状況

JAバンク山口では、地域の利用者の皆さまからの金融円滑化にかかるご相談に対し適切に対応しています。中小企業者等金融円滑化法において要請されている、条件変更等対応状況の実績は下表のとおりです。

 

条件変更等対応状況 H21.12.4~H26.3.31】 (単位:件・億円)

 事業資金 (申込)事業資金 (実行)住宅資金 (申込)住宅資金 (実行)
JAバンク山口 236件|104億円 203件|96億円 106件|14億円 85件|11億円

お申し込み・お問い合せは、お近くのJAバンクまでお気軽にご連絡ください。
山口県内のJAバンクの店舗情報(地図・電話番号)はこちらです。

JAバンク山口をご利用の皆様へ
Want to tell everyone that is available to JA Bank

通帳・キャッシュカードのトラブルは口座を開設した、JA窓口へご連絡ください。

お近くのJA窓口一覧へ

JAカード(クレジットカード単体)
JAカード(キャッシュカード・クレジットカード一体型)

JAバンク山口キャッシュカード
JAカード(キャッシュカード・クレジットカード一体型)

※JAカードについては両フリーダイヤルへご連絡お願いします。
JAバンク山口以外のJAキャッシュカードの受付はできません。発行店へお問合せください。

文字サイズ【小】文字サイズ【大】
貯める
有利に預ける
コツコツ貯める
自由に出し入れ
目的を決めて貯める
短期に預ける
税金の支払いに
手形・小切手の決済手段に
その他
借りる
住宅ローン
リフォームローン
マイカーローン
教育ローン
その他のローン